20代の妻と違い50代の不倫パートナーは完熟した色気がありました

20代の妻と違い50代の不倫パートナーは完熟した色気がありました

私と同じく妻は20代であり、まだ見た目は若々しいと思います。実年齢が若いので当たり前の話ではありますが、やっぱり若妻ということで他人からは魅力的に見えるようで、「この前、ナンパされちゃって…」なんて話すこともありました。

そんな妻の話を聞いていたら、とても不安になる…ということはありませんでした。なぜかと言うと『すでにセックスの頻度が激減しているから』であり、言い方は悪いですが『やらせてくれない異性に魅力を感じにくくなっている』とも表現できたのです。

セックスの頻度が激減した理由はいろいろですが、『まだ仕事に打ち込みたいから』と言われているのが大きいですね。女性は結婚したら専業主婦になりたがると思うかもしれませんが、最近は仕事が好きな女性もそれなりにいまして、私の妻もまさしくそういうタイプです。

だからセックスに時間を割きたがらないし、「子供ができちゃったら困るから…」とも言っています。つまり生で挿入したことすらなくて、男としては「なんで結婚したんだろう…」とも思うでしょう。私の場合、長い付き合いがあるからですが…。

そんなわけでして、私が不倫パートナーに逃げてしまうのも仕方がないと納得する人もいるでしょう。ちなみに不倫相手は50代の女性でして、妻みたいな若々しさはありません。「20代の嫁さんを放っておいて50代とセックスするとか…」とバカにされそうですが、私としては非常に魅力的な相手だと思っています。

20代の妻は顔立ちも体も綺麗ですが、正直に言ってしまえばそれだけです。先ほども書いたようにセックスが好きというわけではないし、たまに相手をしてくれるときもサービスがいいとは言えません。

しかし、この50代の不倫パートナーは『男を喜ばせることを知った女性ならではの完熟した色気』があると思います。下着は男を挑発するような派手なものでして、自分から私の服を脱がせてくれますし、お風呂に入ったら全身を使って体を洗ってくれました。

こんな濃厚なセックスをしてくれたのはこの不倫パートナーが初めてでして、すでに妻相手とするよりも夢中になっています。最初は50代相手にいけるかどうか自信がありませんでしたが、魅力的な女性は年齢を重ねても衰えないどころか、完熟した状態ならではの魅力がありました。

20代の女性を追い求めるのもいいと思いますが、50代女性の完熟した色気もぜひ経験してください。彼女たちは、男をいい意味で刺激してくれます。

20代の妻と違い50代の不倫パートナーは完熟した色気がありました へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ