妻と違って濡れやすい不倫パートナーはローションいらずです

妻と違って濡れやすい不倫パートナーはローションいらずです

妻とのセックスには、毎回苦労していました。妻は子供が好きなのでセックス自体を拒否することはなかったものの、実は非常に濡れにくい体質だったので、私が丁寧に愛撫をしていてもなかなか潤うことはなかったのです。

ちょっと濡れたと思って入れるとすごく痛がるため、私たちがつながるためにはローションが必須でした。愛撫したあとにローションを使うことでようやく普通にセックスができまして、念願の子供も作ることができたのです。

「ローションを使うだけでいいんでしょ?」と思うかもしれませんが、そもそもセックスするなら必ずローションを側に置いておかないといけないし、上手く使わないと後片付けも面倒ですので、やはり普通に濡れる女性よりも大変なのは間違いありません。

妻も少なからず面倒に感じていたのか、子供ができてからはセックスする機会もすっかりなくなりまして、私も「下準備が面倒だしなぁ…」と思ったら誘えないのです。ただ、性欲がなくなったわけではありません。

そんなわけで、私は不倫パートナーを作ってセックスすることになりました。妻はもうセックスを望んでいないし、私としても面倒だから、ほかの人としたほうが合理的だと思いませんか?妻にバレると大変かもしれませんが、すごく怒られる理由もない…と思っています。

ちなみに不倫パートナーはどんな人かと言うと、すごく濡れやすくて楽ちんです。妻と比べたら「え?これだけで濡れるの?」と思うほどあっさりと濡れてくれまして、面倒だと感じることはまずありませんでした。

どれくらい濡れやすいかと言うと、膝に乗せてキスをするだけでもすでに潤っているくらいです。妻はキスをしてもほとんど変わらないし、「キスだけで濡れるとか都市伝説だろ…」と思っていたので、この濡れやすさについては驚きましたね。

本人も「私、すぐに濡れちゃうから…」と恥ずかしそうに話しており、私の不倫パートナーとしてはこの上なくピッタリです。そしてクンニをするといくら舐め取っても溢れてきて、挿入すると私が満足するまで濡れっぱなしでした。

やはり女性の濡れやすさというのは体質が大きく関わっているみたいなので、濡れにくい場合は妻みたいにローションが必須です。しかし、逆に濡れやすいと少し触るだけでも準備が終わるため、愛撫が苦手な童貞でも大丈夫かもしれません。

「セックスには自信がないかも…」という人も、この不倫パートナーのような濡れやすい女性とセックスするほうがいいでしょう。

妻と違って濡れやすい不倫パートナーはローションいらずです へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ