初セックスに失敗してからずっとしていませんでしたがセフレ掲示板を使ったおかげで改善しました

初セックスに失敗してからずっとしていませんでしたがセフレ掲示板を使ったおかげで改善しました

初めてのセックスに失敗してしまった男性というのは、意外といるのではないでしょうか?セックスというのは基本的に男性主導で進める必要があるため、男性側がミスをすると一気に悪い方向へと流れが変わりませんか?

私も初めてのセックスに失敗してから、数年以上異性を誘えていませんでした。相手は経験済みということでしたが私の顔を立ててくれて、任せてくれたわけですが…なかなか勃起できなかったり、入れようとしたら暴発したり、とにかくまともに挿入すらできなかったのです。

その場で強く非難されたわけではありませんが、その後はやっぱりぎくしゃくとした関係になり、最後は「次は失敗しないといいね。次があればだけど」と言われて別れられました…この捨て台詞は私のプライドをズタズタに引き裂き、それからは「セックスは怖くてできない…」と怯えるようになったのです。

結構酷い言葉…なのですが、事実である以上は否定もできず、結局はウジウジ悩むことしかできません。それ以降は自分の右手を恋人としてシコシコと性処理をしており、最近になってセフレ掲示板を使うまでは改善できませんでした。

セックスに怯える私がなぜセフレ掲示板を使うようになったのかと言うと、『こういう掲示板には自分からリードしてくれる人が結構いるから』でした。思えば童貞なのにセックスで主導権を握るというのは難しく、そのプレッシャーも失敗につながっていたと思います。

その点、セフレ掲示板を使っている女性ならセックスが上手く、私が無理をしなくても相手をしてくれると思いまして、「これでトラウマを払拭しよう!」と頑張ったのです。その結果で言えば、大正解だったと思います。

セフレになってくれそうな女性に事情を伝えると、「私が相手をしてあげるから、長持ちさせてね♪」と言ってくれました。たしかにいくら相手がやる気でもこっちがすぐに萎えてしまえばお終いですから、この点だけは注意が必要だったのです。

ただ、勃起を維持するだけならばそんなに難しくはなく、無駄打ちせずに我慢していればいいだけでしょう。無駄打ちさえしていなければすぐに出してもまた復活できるため、総合的な視点で言えば長持ちさせられると言えます。

そうして当日はこのセフレと会ったのですが、その言葉通り相手からリードしてくれて、挿入の際も自分から導いてくれました。ようやく入ることができた女性の中は熱く、そしてにゅるにゅるとしていて興奮したのです。

初セックスに失敗してからずっとしていませんでしたがセフレ掲示板を使ったおかげで改善しました へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ