不倫パートナーのアソコは妻に比べて独特の締め付けがあります

不倫パートナーのアソコは妻に比べて独特の締め付けがあります

複数の女性を経験していたら、『アソコの締め付けは女性ごとに差がある』というのを知っていると思います。私は特別経験が多いというわけではありませんが、やっぱりこれまでしてきた女性にはそれぞれに違いがあり、中には名器とも言える人がいました。

今セックスをしている不倫パートナーも独特の締め付けがあり、名器と言っても差し支えない気持ちよさかもしれません。体の相性があるため「本当に名器なの?」と聞かれたら断言はできませんが、少なくともかなり気持ちいいのは間違いないでしょう。

なお、妻ともまだセックスはしていますが、妻のアソコにも特徴があります。ただ、妻のような『入口がちょっときつめで中は緩やかな絡みつき』というタイプは割と多く、私がこれまでに経験してきた女性にも似たような人が多かったのです。

体の仕組みゆえなのかどうかは分かりませんが、こういう締め付けは経験しやすいと思います。だからこそ、不倫パートナーの独特な締め付けは気持ちいいですし、一度入れたらつい激しく腰を振りそうなほど夢中になるのです。

妻ともセックスをしているのに不倫パートナーを作った理由ですが、やっぱり妻相手のセックスに飽きているというのもあります。長年抱いてきた妻の体というのは安心感があるものの、安心感だけでは気持ち良くなれないのがセックスですよね?

そんなわけで、私は新たな刺激を求めて不倫をしたのです。実に男らしい自分勝手な動機であり、バレたら離婚もあり得るでしょうが…それでも簡単にはやめられないのが、セックスの魔力というやつなのかもしれません。

不倫相手は妻よりも少しだけ若く、妻に比べると可愛い系の雰囲気があります。性格についてはやや上品なマダムっぽさもありますが、不倫に応じてくれるくらいにはスケベですし、女性というのはいろんな顔を持ち合わせる生き物なのでしょう。

そしてホテルでは、久々に妻以外のアソコへ挿入できたのですが…その独特な締め付けには、驚いてしまいました。入口はわりとすんなり入れるのですが、真ん中くらいまで入れたらキュッと締まってくるような感じで、後から快楽が襲ってくるタイプの膣内です。

妻とは真逆な性質を持つアソコは私のペニスへ新鮮な刺激を与えてくれて、ほどなくして出してしまったのです。もしも私がこの人の旦那なら毎日でも盛ってしまいそう…ですが、実際に毎日抱いていると、妻相手みたいに飽きるかもしれませんね。

なんにせよ、女性の良さというのは入れてみるまでは分かりません。

不倫パートナーのアソコは妻に比べて独特の締め付けがあります へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ